チラシも資料も見やすくなる!デザインのコツとNGポイント

がんばって資料を作ったけど、
なんだかイマイチ…

見栄えを良くするために、
具体的に、どこをどうすればいいですか?

こうしたご相談をよくいただくので、
資料やチラシの見た目を良くする
かんたんにできるコツをまとめました!

チラシや資料の見栄えがよくなるデザインのコツ

きれいに資料を作るにはパワポがいいの?
ワードじゃだめ?
というご質問もあるのですが

資料作成に使うアプリケーションは
パワーポイントでも、ワードでも。
お手元にある使いなれたものでいいと思います!^^

使い慣れたツールを使って
「時間をかけすぎずに、完成させられる」
これも重要ではないでしょうか。

大切なのは「見やすさ」と「伝わりやすさ」

何のアプリケーションを使って作るか、よりも大事なのは、

出来上がったチラシや資料の見やすさ。

そして チラシや資料を手にとった方に
こちらが伝えたいことがちゃんと伝わること、です。

「見やすさ」は、
「伝わりやすさ」に大きく貢献します。

せっかく時間と労力をかけて作るチラシや資料。
お客様に伝わらないと、
もったいないですので。^^

チラシの講座や個別のご相談のお客様には

見た目のきれいさ、文字の読みやすさ、
ココを意識するとお客様に与える印象が変わります!
という〈ポイント〉があるので
資料を拝見して、改善点をお伝えしています。

セミナー資料だけじゃなく、
ご自身でチラシを作る場合にも
押さえておくといい、基本のき。

文字がメインの資料を例に、ご紹介しますね^^

見やすさのポイントは〈メリハリ〉です

①文字の太さ、余白をつけてメリハリをつける!

目立たせたいところ(見出しなど)と
それ以外のところが
ハッキリと区別できるように
メリハリをつけること、大事です!

↑例)これを、もっと見やすくするとしたら。

↑こんな風に、

・目立たせたい箇所(見出し部分)を太くする

・本文との間に〈余白〉を作る

これだけでもメリハリができ
どこが見出しか、ひと目でわかります。

②色を使ってメリハリをつける

↑目立たせたい箇所を目立つ色で囲って、白抜きに。
インパクトが強まりました。

③書体や文字の太さでメリハリをつける

↑ブログを書いている方はすでにされていると思いますが、

・本文内でも強調したい箇所を太くしたり、
 下線をつけたり。

・目立たせたい箇所の書体を変えてみる

というのも、印象が変わって目立ちます。

やっちゃダメ!なデザインNGポイント

逆に、やってしまわないように
〈気をつけてほしいポイント〉もあります!

「見やすい」色「読める」色になっていますか?

↑例として、極端に作っています^^;;

・背景色と、文字色の
 明度が近い(コントラストが低い)と
 文字が読みにくいです。

・文字の背景がゴチャゴチャしていると
 読みにくいです。
(写真やイラストがかぶっているなど)

「明度」とか「コントラスト」とか
むずかしいことは置いておいて

手に取っても、離れたところからも、
無理なく読めるかな?
ということ、確認してみてくださいね。

使う書体も、細すぎたり
逆に太すぎたりでも
読みにくくなる場合があります。

色をたくさん、使いすぎないで!!

↑ギャーー!!笑 極端な例です^^;;;

・色をたくさん使いすぎると
 目がチカチカして
 文字が読みにくいです。

・「どこが重要なポイントなのか」
 が、伝わらなくなります。

・「どんなイメージを与えたいのか」
 も、伝わらなくなります。

資料作りであれば、文字色や囲みの色は
はじめは、ぜひ3色ぐらいまでにしてください。

作る側としては

「この色分けは、必要なんです」

「この色にはこういう意味があり、
 こっちの色はこういう意図なんです」

という親切心や、こだわりから色数が増えてしまう

ということがあるのですが
そこは、ぐっとこらえてください。

デザイン初心者さんの場合は特に、
シンプル、すっきりを目指したほうが、うまくいく傾向があります。
見てくれる人読んでくれる人への配慮を最優先して、
凝りすぎない!欲張らない!がたいせつです。

ぶっちゃけて申しますと^^

見てくれる人は
「読めないもの」
「パッと見て内容がよくわからないもの」を
見たくない!のです。

デザインで、色で、迷ったらシンプルに。

時間と労力をかけて作る資料。
見てくださる方に伝わらないと、もったいないですのでー!^^

お客様の目線で、

「読みやすいかな?」

「伝わるかな?」

いつも、かならず、ぜったいに!!^^
大切にして作ってみてくださいね。